ホームページ

【アトピーの改善には、まずはこれから!変えよう、食生活。取り入れよう、乳酸菌。始めよう、腸活。あなたの健康はあなたが作り出す】

 

現在は、日本人の2人に1人がアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギーを持っています。

 

2017年に厚生省より発表された

「アレルギー疾患の現場等」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10905100-Kenkoukyoku-Ganshippeitaisakuka/0000111693.pdf)にもそのように書かれており、ここ数十年で急激に増えています。

 

ぼくも小さい頃からアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎などのアレルギーにずっと悩まされてきました。

 

皮膚科に通い、お医者さんからステロイドのクリームを処方してもらい、かゆみをなくす西洋医学的なアプローチを長年してきました。

 

ただ、クリームを塗るだけではかゆみを抑え和らげるための対症療法としては有効ですが、アトピーやアレルギーを根本から改善することはできませんでした。

 

そもそも、アトピーは発症する原因が不明とされています。

 

ギリシア語のアトポス(「由来がわからない」「特定されていない」という意)

が語源で、不治の病とされています。

 

日本皮膚科学会の2016年度版のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、

「アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり、現在、疾患そのものを完治させうる治療法はない」

と書いてあります。

 

アトピーを抑えるための対症療法として、ステロイドやタクロリムス軟膏などを使うが、根治療法は無いと言っています。

 

原因もわからない。

治し方もわからない。

 

私たちは、西洋医学やステロイドに頼らない別の方法で、アトピーを改善するしかありません。

 

ぼくは、30年以上もアトピーやアレルギーと付き合っています。

 

西洋医学的なアプローチではアトピーが改善しない事実を実感して以来、

さまざまな方法をトライ&エラーで試してきました。

 

その経験から、生活習慣の改善のポイントは①食事②睡眠③日用品の3つを変えていくことが必要だと気付きました。

 

今のあなたが無理なくトライできるものでいいので、少しずつ毎日の生活を見直し生活習慣を変えていくことが大切です。

 

●キャパオーバー

人の消化吸収機能が追いつかなくなり、身体は仕方なくアトピーという反応を起こします。

インとアウトのバランスが崩れたので、アトピーという反応を起こすことで、身体はバランスを取ろうとします。

身体の処理機能がキャパオーバーになり、
悲鳴をあげていたのがアトピーです。

もう無理だよー
とメッセージをくれているのです。

さまざまな要因がありますが、食べ物だととくに植物油の過剰摂取です。
(他にも高エネルギー・高タンパクの食事、卵、牛乳など)

また、日用品・美容品だと
界面活性剤など石油のしぼりカスの入った
石油化学製品全般です。

肌から口から油を取り入れて、カラダの中が油まみれのドロドロになっているのです。

そして、ある一定量を超えたところで、アトピーやアレルギー、不定愁訴などの反応を身体が起こして、私たちにお知らせしてくれているのです。

だから、ステロイドでかゆみを抑えても
本質的に良くなりません。

一時的に症状は抑えられても、
根本的に生活習慣を変えなければ、
また発症するのです。

人は自分を変えることを嫌がります。
わざわざリスクを冒すよりも
現状維持が安全で安心だと本能的にわかっています。

けれど、人体の警告に対する適切な対処として
生活を見直してみませんか。

口に入るもの
肌から吸収されるもの
それらひとつひとつがあなたを形成しています。

もっと言うなら、
あなた自身とも言えるでしょう。

あなたが身につけるもの、選んだもの、口にするもの…
それらはあなたの分身です。

 

●バランスを整える

アトピーは身体のインとアウトのバランスが崩れたので、それを整えるための身体の反応だ、と書きました。

では、アトピーの苦しみから解放されるにはどうしたらいいでしょうか。

身体まかせにしていたら、アトピーの苦しみはずっと続きます。

ステロイドに頼っても、瞬間的に表面のかゆみはおさまりますが、かゆみの大元は残っています。

ステロイドを使わず、その他は今のまま現状維持だと何も変わりません。

身体まかせでにするのではなく、意識的にインとアウトのバランスを整えることが大切です。

そうすることで、アトピーを内側から良くしていけるのです。

具体的にどんな事ができるのでしょう。

 

●腸活しませんか

 

腸活とは何か?

 

腸活とは、「いきいきと元気な腸を取り戻そう」という活動です。

 

巷で流行りの恋活や婚活。

そんな言葉にあやかって、「腸活」と名づけてみました。

 

目標はシンプル。

「長くて硬いバナナのような形のウンチをすること」です。

 

・便秘や下痢ぎみ

・血行が悪く冷え性

・汗をかかない

アトピーの人の3つの特徴です。

あなたは当てはまりますか?

 

そもそもの身体機能が弱いことにも

アトピーの原因の1つです。

 

健康で身体機能が正常に活動している一つの指標。

それが、バナナのようなウンチなのです。

 

ぼくと一緒にバナナウンチを目指して

腸がイキイキと活動できるようにしましょう。

 

 

●アトピーはあなたが健康と幸せを手に入れるために起きている⁉︎

 

アトピーは健康になるためのきっかけを教えてくれている、とぼくは思います。

かゆくてどうしようもない時は、そんなこと考えたことも無かったですが。

 

食べるもの
肌に触れるもの
睡眠
メンタルヘルス

 

ライフスタイル全般を変えることが、あなたをアトピーから解放します。

 

視点を変えると、アトピーはあなたの人生を幸せにする道しるべを

示しているかもしれません。

 

ぼくは、アトピーで無かったら今よりも無頓着な生活をしていたでしょう。

 

ジャンクフードをこよなく愛し、添加物や防腐剤など気にすることなく、ガンガン摂取していたでしょう。

 

界面活性剤が入った市販の日用品を毒物だと知らずに当たり前のように使い、

 

朝までゲームして夜更かし昼夜逆転した不規則な生活をしたり、

 

それらが健康に悪いとは思っても、ここまで意識しなかったはず。

 

子供の頃からアトピーという身体にビハインドをかかえたことで、早い段階から健康の大切さを学べました。

 

もしアトピーで無かったら、大人になって病気や怪我をして始めて健康の大切さに気づいたかもしれない。

 

その時には、深刻な状態で手遅れとなっているかもしれない。

 

モノは捉えようです。

 

だから、アトピーだったことをぼくはいま感謝できるようになりました。

 

以前はそんなこと1ミリも思わなかったし、
生まれ変わっても、アトピーになりたいとは思わないですけど(笑)

 

あなたはどんな未来を手にしたいですか。

 

 

【アトピーの改善には、まずはこれから!変えよう、食生活。取り入れよう、乳酸菌。始めよう、腸活。あなたの健康はあなたが作り出す】

 

現在は、日本人の2人に1人がアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギーを持っています。

 

2017年に厚生省より発表された

「アレルギー疾患の現場等」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10905100-Kenkoukyoku-Ganshippeitaisakuka/0000111693.pdf)にもそのように書かれており、ここ数十年で急激に増えています。

 

ぼくも小さい頃からアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎などのアレルギーにずっと悩まされてきました。

 

皮膚科に通い、お医者さんからステロイドのクリームを処方してもらい、かゆみをなくす西洋医学的なアプローチを長年してきました。

 

ただ、クリームを塗るだけではかゆみを抑え和らげるための対症療法としては有効ですが、アトピーやアレルギーを根本から改善することはできませんでした。

 

そもそも、アトピーは発症する原因が不明とされています。

 

ギリシア語のアトポス(「由来がわからない」「特定されていない」という意)

が語源で、不治の病とされています。

 

日本皮膚科学会の2016年度版のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、

「アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり、現在、疾患そのものを完治させうる治療法はない」

と書いてあります。

 

アトピーを抑えるための対症療法として、ステロイドやタクロリムス軟膏などを使うが、根治療法は無いと言っています。

 

原因もわからない。

治し方もわからない。

 

私たちは、西洋医学やステロイドに頼らない別の方法で、アトピーを改善するしかありません。

 

ぼくは、30年以上もアトピーやアレルギーと付き合っています。

 

西洋医学的なアプローチではアトピーが改善しない事実を実感して以来、

さまざまな方法をトライ&エラーで試してきました。

 

その経験から、生活習慣の改善のポイントは①食事②睡眠③日用品の3つを変えていくことが必要だと気付きました。

 

今のあなたが無理なくトライできるものでいいので、少しずつ毎日の生活を見直し生活習慣を変えていくことが大切です。

 

●キャパオーバー

人の消化吸収機能が追いつかなくなり、身体は仕方なくアトピーという反応を起こします。

インとアウトのバランスが崩れたので、アトピーという反応を起こすことで、身体はバランスを取ろうとします。

身体の処理機能がキャパオーバーになり、
悲鳴をあげていたのがアトピーです。

もう無理だよー
とメッセージをくれているのです。

さまざまな要因がありますが、食べ物だととくに植物油の過剰摂取です。
(他にも高エネルギー・高タンパクの食事、卵、牛乳など)

また、日用品・美容品だと
界面活性剤など石油のしぼりカスの入った
石油化学製品全般です。

肌から口から油を取り入れて、カラダの中が油まみれのドロドロになっているのです。

そして、ある一定量を超えたところで、アトピーやアレルギー、不定愁訴などの反応を身体が起こして、私たちにお知らせしてくれているのです。

だから、ステロイドでかゆみを抑えても
本質的に良くなりません。

一時的に症状は抑えられても、
根本的に生活習慣を変えなければ、
また発症するのです。

人は自分を変えることを嫌がります。
わざわざリスクを冒すよりも
現状維持が安全で安心だと本能的にわかっています。

けれど、人体の警告に対する適切な対処として
生活を見直してみませんか。

口に入るもの
肌から吸収されるもの
それらひとつひとつがあなたを形成しています。

もっと言うなら、
あなた自身とも言えるでしょう。

あなたが身につけるもの、選んだもの、口にするもの…
それらはあなたの分身です。

 

●バランスを整える

アトピーは身体のインとアウトのバランスが崩れたので、それを整えるための身体の反応だ、と書きました。

では、アトピーの苦しみから解放されるにはどうしたらいいでしょうか。

身体まかせにしていたら、アトピーの苦しみはずっと続きます。

ステロイドに頼っても、瞬間的に表面のかゆみはおさまりますが、かゆみの大元は残っています。

ステロイドを使わず、その他は今のまま現状維持だと何も変わりません。

身体まかせでにするのではなく、意識的にインとアウトのバランスを整えることが大切です。

そうすることで、アトピーを内側から良くしていけるのです。

具体的にどんな事ができるのでしょう。

 

●腸活しませんか

 

腸活とは何か?

 

腸活とは、「いきいきと元気な腸を取り戻そう」という活動です。

 

巷で流行りの恋活や婚活。

そんな言葉にあやかって、「腸活」と名づけてみました。

 

目標はシンプル。

「長くて硬いバナナのような形のウンチをすること」です。

 

・便秘や下痢ぎみ

・血行が悪く冷え性

・汗をかかない

アトピーの人の3つの特徴です。

あなたは当てはまりますか?

 

そもそもの身体機能が弱いことにも

アトピーの原因の1つです。

 

健康で身体機能が正常に活動している一つの指標。

それが、バナナのようなウンチなのです。

 

ぼくと一緒にバナナウンチを目指して

腸がイキイキと活動できるようにしましょう。

 

 

●アトピーはあなたが健康と幸せを手に入れるために起きている⁉︎

 

アトピーは健康になるためのきっかけを教えてくれている、とぼくは思います。

かゆくてどうしようもない時は、そんなこと考えたことも無かったですが。

 

食べるもの
肌に触れるもの
睡眠
メンタルヘルス

 

ライフスタイル全般を変えることが、あなたをアトピーから解放します。

 

視点を変えると、アトピーはあなたの人生を幸せにする道しるべを

示しているかもしれません。

 

ぼくは、アトピーで無かったら今よりも無頓着な生活をしていたでしょう。

 

ジャンクフードをこよなく愛し、添加物や防腐剤など気にすることなく、ガンガン摂取していたでしょう。

 

界面活性剤が入った市販の日用品を毒物だと知らずに当たり前のように使い、

 

朝までゲームして夜更かし昼夜逆転した不規則な生活をしたり、

 

それらが健康に悪いとは思っても、ここまで意識しなかったはず。

 

子供の頃からアトピーという身体にビハインドをかかえたことで、早い段階から健康の大切さを学べました。

 

もしアトピーで無かったら、大人になって病気や怪我をして始めて健康の大切さに気づいたかもしれない。

 

その時には、深刻な状態で手遅れとなっているかもしれない。

 

モノは捉えようです。

 

だから、アトピーだったことをぼくはいま感謝できるようになりました。

 

以前はそんなこと1ミリも思わなかったし、
生まれ変わっても、アトピーになりたいとは思わないですけど(笑)

 

あなたはどんな未来を手にしたいですか。

 

 

【アトピーの改善には、まずはこれから!変えよう、食生活。取り入れよう、乳酸菌。始めよう、腸活。あなたの健康はあなたが作り出す】

 

現在は、日本人の2人に1人がアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギーを持っています。

 

2017年に厚生省より発表された

「アレルギー疾患の現場等」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10905100-Kenkoukyoku-Ganshippeitaisakuka/0000111693.pdf)にもそのように書かれており、ここ数十年で急激に増えています。

 

ぼくも小さい頃からアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎などのアレルギーにずっと悩まされてきました。

 

皮膚科に通い、お医者さんからステロイドのクリームを処方してもらい、かゆみをなくす西洋医学的なアプローチを長年してきました。

 

ただ、クリームを塗るだけではかゆみを抑え和らげるための対症療法としては有効ですが、アトピーやアレルギーを根本から改善することはできませんでした。

 

そもそも、アトピーは発症する原因が不明とされています。

 

ギリシア語のアトポス(「由来がわからない」「特定されていない」という意)

が語源で、不治の病とされています。

 

日本皮膚科学会の2016年度版のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、

「アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり、現在、疾患そのものを完治させうる治療法はない」

と書いてあります。

 

アトピーを抑えるための対症療法として、ステロイドやタクロリムス軟膏などを使うが、根治療法は無いと言っています。

 

原因もわからない。

治し方もわからない。

 

私たちは、西洋医学やステロイドに頼らない別の方法で、アトピーを改善するしかありません。

 

ぼくは、30年以上もアトピーやアレルギーと付き合っています。

 

西洋医学的なアプローチではアトピーが改善しない事実を実感して以来、

さまざまな方法をトライ&エラーで試してきました。

 

その経験から、生活習慣の改善のポイントは①食事②睡眠③日用品の3つを変えていくことが必要だと気付きました。

 

今のあなたが無理なくトライできるものでいいので、少しずつ毎日の生活を見直し生活習慣を変えていくことが大切です。

 

●キャパオーバー

人の消化吸収機能が追いつかなくなり、身体は仕方なくアトピーという反応を起こします。

インとアウトのバランスが崩れたので、アトピーという反応を起こすことで、身体はバランスを取ろうとします。

身体の処理機能がキャパオーバーになり、
悲鳴をあげていたのがアトピーです。

もう無理だよー
とメッセージをくれているのです。

さまざまな要因がありますが、食べ物だととくに植物油の過剰摂取です。
(他にも高エネルギー・高タンパクの食事、卵、牛乳など)

また、日用品・美容品だと
界面活性剤など石油のしぼりカスの入った
石油化学製品全般です。

肌から口から油を取り入れて、カラダの中が油まみれのドロドロになっているのです。

そして、ある一定量を超えたところで、アトピーやアレルギー、不定愁訴などの反応を身体が起こして、私たちにお知らせしてくれているのです。

だから、ステロイドでかゆみを抑えても
本質的に良くなりません。

一時的に症状は抑えられても、
根本的に生活習慣を変えなければ、
また発症するのです。

人は自分を変えることを嫌がります。
わざわざリスクを冒すよりも
現状維持が安全で安心だと本能的にわかっています。

けれど、人体の警告に対する適切な対処として
生活を見直してみませんか。

口に入るもの
肌から吸収されるもの
それらひとつひとつがあなたを形成しています。

もっと言うなら、
あなた自身とも言えるでしょう。

あなたが身につけるもの、選んだもの、口にするもの…
それらはあなたの分身です。

 

●バランスを整える

アトピーは身体のインとアウトのバランスが崩れたので、それを整えるための身体の反応だ、と書きました。

では、アトピーの苦しみから解放されるにはどうしたらいいでしょうか。

身体まかせにしていたら、アトピーの苦しみはずっと続きます。

ステロイドに頼っても、瞬間的に表面のかゆみはおさまりますが、かゆみの大元は残っています。

ステロイドを使わず、その他は今のまま現状維持だと何も変わりません。

身体まかせでにするのではなく、意識的にインとアウトのバランスを整えることが大切です。

そうすることで、アトピーを内側から良くしていけるのです。

具体的にどんな事ができるのでしょう。

 

●腸活しませんか

 

腸活とは何か?

 

腸活とは、「いきいきと元気な腸を取り戻そう」という活動です。

 

巷で流行りの恋活や婚活。

そんな言葉にあやかって、「腸活」と名づけてみました。

 

目標はシンプル。

「長くて硬いバナナのような形のウンチをすること」です。

 

・便秘や下痢ぎみ

・血行が悪く冷え性

・汗をかかない

アトピーの人の3つの特徴です。

あなたは当てはまりますか?

 

そもそもの身体機能が弱いことにも

アトピーの原因の1つです。

 

健康で身体機能が正常に活動している一つの指標。

それが、バナナのようなウンチなのです。

 

ぼくと一緒にバナナウンチを目指して

腸がイキイキと活動できるようにしましょう。

 

 

●アトピーはあなたが健康と幸せを手に入れるために起きている⁉︎

 

アトピーは健康になるためのきっかけを教えてくれている、とぼくは思います。

かゆくてどうしようもない時は、そんなこと考えたことも無かったですが。

 

食べるもの
肌に触れるもの
睡眠
メンタルヘルス

 

ライフスタイル全般を変えることが、あなたをアトピーから解放します。

 

視点を変えると、アトピーはあなたの人生を幸せにする道しるべを

示しているかもしれません。

 

ぼくは、アトピーで無かったら今よりも無頓着な生活をしていたでしょう。

 

ジャンクフードをこよなく愛し、添加物や防腐剤など気にすることなく、ガンガン摂取していたでしょう。

 

界面活性剤が入った市販の日用品を毒物だと知らずに当たり前のように使い、

 

朝までゲームして夜更かし昼夜逆転した不規則な生活をしたり、

 

それらが健康に悪いとは思っても、ここまで意識しなかったはず。

 

子供の頃からアトピーという身体にビハインドをかかえたことで、早い段階から健康の大切さを学べました。

 

もしアトピーで無かったら、大人になって病気や怪我をして始めて健康の大切さに気づいたかもしれない。

 

その時には、深刻な状態で手遅れとなっているかもしれない。

 

モノは捉えようです。

 

だから、アトピーだったことをぼくはいま感謝できるようになりました。

 

以前はそんなこと1ミリも思わなかったし、
生まれ変わっても、アトピーになりたいとは思わないですけど(笑)

 

あなたはどんな未来を手にしたいですか。

 

 

【アトピーの改善には、まずはこれから!変えよう、食生活。取り入れよう、乳酸菌。始めよう、腸活。あなたの健康はあなたが作り出す】

 

現在は、日本人の2人に1人がアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギーを持っています。

 

2017年に厚生省より発表された

「アレルギー疾患の現場等」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10905100-Kenkoukyoku-Ganshippeitaisakuka/0000111693.pdf)にもそのように書かれており、ここ数十年で急激に増えています。

 

ぼくも小さい頃からアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎などのアレルギーにずっと悩まされてきました。

 

皮膚科に通い、お医者さんからステロイドのクリームを処方してもらい、かゆみをなくす西洋医学的なアプローチを長年してきました。

 

ただ、クリームを塗るだけではかゆみを抑え和らげるための対症療法としては有効ですが、アトピーやアレルギーを根本から改善することはできませんでした。

 

そもそも、アトピーは発症する原因が不明とされています。

 

ギリシア語のアトポス(「由来がわからない」「特定されていない」という意)

が語源で、不治の病とされています。

 

日本皮膚科学会の2016年度版のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、

「アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり、現在、疾患そのものを完治させうる治療法はない」

と書いてあります。

 

アトピーを抑えるための対症療法として、ステロイドやタクロリムス軟膏などを使うが、根治療法は無いと言っています。

 

原因もわからない。

治し方もわからない。

 

私たちは、西洋医学やステロイドに頼らない別の方法で、アトピーを改善するしかありません。

 

ぼくは、30年以上もアトピーやアレルギーと付き合っています。

 

西洋医学的なアプローチではアトピーが改善しない事実を実感して以来、

さまざまな方法をトライ&エラーで試してきました。

 

その経験から、生活習慣の改善のポイントは①食事②睡眠③日用品の3つを変えていくことが必要だと気付きました。

 

今のあなたが無理なくトライできるものでいいので、少しずつ毎日の生活を見直し生活習慣を変えていくことが大切です。

 

●キャパオーバー

人の消化吸収機能が追いつかなくなり、身体は仕方なくアトピーという反応を起こします。

インとアウトのバランスが崩れたので、アトピーという反応を起こすことで、身体はバランスを取ろうとします。

身体の処理機能がキャパオーバーになり、
悲鳴をあげていたのがアトピーです。

もう無理だよー
とメッセージをくれているのです。

さまざまな要因がありますが、食べ物だととくに植物油の過剰摂取です。
(他にも高エネルギー・高タンパクの食事、卵、牛乳など)

また、日用品・美容品だと
界面活性剤など石油のしぼりカスの入った
石油化学製品全般です。

肌から口から油を取り入れて、カラダの中が油まみれのドロドロになっているのです。

そして、ある一定量を超えたところで、アトピーやアレルギー、不定愁訴などの反応を身体が起こして、私たちにお知らせしてくれているのです。

だから、ステロイドでかゆみを抑えても
本質的に良くなりません。

一時的に症状は抑えられても、
根本的に生活習慣を変えなければ、
また発症するのです。

人は自分を変えることを嫌がります。
わざわざリスクを冒すよりも
現状維持が安全で安心だと本能的にわかっています。

けれど、人体の警告に対する適切な対処として
生活を見直してみませんか。

口に入るもの
肌から吸収されるもの
それらひとつひとつがあなたを形成しています。

もっと言うなら、
あなた自身とも言えるでしょう。

あなたが身につけるもの、選んだもの、口にするもの…
それらはあなたの分身です。

 

●バランスを整える

アトピーは身体のインとアウトのバランスが崩れたので、それを整えるための身体の反応だ、と書きました。

では、アトピーの苦しみから解放されるにはどうしたらいいでしょうか。

身体まかせにしていたら、アトピーの苦しみはずっと続きます。

ステロイドに頼っても、瞬間的に表面のかゆみはおさまりますが、かゆみの大元は残っています。

ステロイドを使わず、その他は今のまま現状維持だと何も変わりません。

身体まかせでにするのではなく、意識的にインとアウトのバランスを整えることが大切です。

そうすることで、アトピーを内側から良くしていけるのです。

具体的にどんな事ができるのでしょう。

 

●腸活しませんか

 

腸活とは何か?

 

腸活とは、「いきいきと元気な腸を取り戻そう」という活動です。

 

巷で流行りの恋活や婚活。

そんな言葉にあやかって、「腸活」と名づけてみました。

 

目標はシンプル。

「長くて硬いバナナのような形のウンチをすること」です。

 

・便秘や下痢ぎみ

・血行が悪く冷え性

・汗をかかない

アトピーの人の3つの特徴です。

あなたは当てはまりますか?

 

そもそもの身体機能が弱いことにも

アトピーの原因の1つです。

 

健康で身体機能が正常に活動している一つの指標。

それが、バナナのようなウンチなのです。

 

ぼくと一緒にバナナウンチを目指して

腸がイキイキと活動できるようにしましょう。

 

 

●アトピーはあなたが健康と幸せを手に入れるために起きている⁉︎

 

アトピーは健康になるためのきっかけを教えてくれている、とぼくは思います。

かゆくてどうしようもない時は、そんなこと考えたことも無かったですが。

 

食べるもの
肌に触れるもの
睡眠
メンタルヘルス

 

ライフスタイル全般を変えることが、あなたをアトピーから解放します。

 

視点を変えると、アトピーはあなたの人生を幸せにする道しるべを

示しているかもしれません。

 

ぼくは、アトピーで無かったら今よりも無頓着な生活をしていたでしょう。

 

ジャンクフードをこよなく愛し、添加物や防腐剤など気にすることなく、ガンガン摂取していたでしょう。

 

界面活性剤が入った市販の日用品を毒物だと知らずに当たり前のように使い、

 

朝までゲームして夜更かし昼夜逆転した不規則な生活をしたり、

 

それらが健康に悪いとは思っても、ここまで意識しなかったはず。

 

子供の頃からアトピーという身体にビハインドをかかえたことで、早い段階から健康の大切さを学べました。

 

もしアトピーで無かったら、大人になって病気や怪我をして始めて健康の大切さに気づいたかもしれない。

 

その時には、深刻な状態で手遅れとなっているかもしれない。

 

モノは捉えようです。

 

だから、アトピーだったことをぼくはいま感謝できるようになりました。

 

以前はそんなこと1ミリも思わなかったし、
生まれ変わっても、アトピーになりたいとは思わないですけど(笑)

 

あなたはどんな未来を手にしたいですか。

 

 

【アトピーの改善には、まずはこれから!変えよう、食生活。取り入れよう、乳酸菌。始めよう、腸活。あなたの健康はあなたが作り出す】

 

現在は、日本人の2人に1人がアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギーを持っています。

 

2017年に厚生省より発表された

「アレルギー疾患の現場等」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10905100-Kenkoukyoku-Ganshippeitaisakuka/0000111693.pdf)にもそのように書かれており、ここ数十年で急激に増えています。

 

ぼくも小さい頃からアトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎などのアレルギーにずっと悩まされてきました。

 

皮膚科に通い、お医者さんからステロイドのクリームを処方してもらい、かゆみをなくす西洋医学的なアプローチを長年してきました。

 

ただ、クリームを塗るだけではかゆみを抑え和らげるための対症療法としては有効ですが、アトピーやアレルギーを根本から改善することはできませんでした。

 

そもそも、アトピーは発症する原因が不明とされています。

 

ギリシア語のアトポス(「由来がわからない」「特定されていない」という意)

が語源で、不治の病とされています。

 

日本皮膚科学会の2016年度版のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによると、

「アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり、現在、疾患そのものを完治させうる治療法はない」

と書いてあります。

 

アトピーを抑えるための対症療法として、ステロイドやタクロリムス軟膏などを使うが、根治療法は無いと言っています。

 

原因もわからない。

治し方もわからない。

 

私たちは、西洋医学やステロイドに頼らない別の方法で、アトピーを改善するしかありません。

 

ぼくは、30年以上もアトピーやアレルギーと付き合っています。

 

西洋医学的なアプローチではアトピーが改善しない事実を実感して以来、

さまざまな方法をトライ&エラーで試してきました。

 

その経験から、生活習慣の改善のポイントは①食事②睡眠③日用品の3つを変えていくことが必要だと気付きました。

 

今のあなたが無理なくトライできるものでいいので、少しずつ毎日の生活を見直し生活習慣を変えていくことが大切です。

 

●キャパオーバー

人の消化吸収機能が追いつかなくなり、身体は仕方なくアトピーという反応を起こします。

インとアウトのバランスが崩れたので、アトピーという反応を起こすことで、身体はバランスを取ろうとします。

身体の処理機能がキャパオーバーになり、
悲鳴をあげていたのがアトピーです。

もう無理だよー
とメッセージをくれているのです。

さまざまな要因がありますが、食べ物だととくに植物油の過剰摂取です。
(他にも高エネルギー・高タンパクの食事、卵、牛乳など)

また、日用品・美容品だと
界面活性剤など石油のしぼりカスの入った
石油化学製品全般です。

肌から口から油を取り入れて、カラダの中が油まみれのドロドロになっているのです。

そして、ある一定量を超えたところで、アトピーやアレルギー、不定愁訴などの反応を身体が起こして、私たちにお知らせしてくれているのです。

だから、ステロイドでかゆみを抑えても
本質的に良くなりません。

一時的に症状は抑えられても、
根本的に生活習慣を変えなければ、
また発症するのです。

人は自分を変えることを嫌がります。
わざわざリスクを冒すよりも
現状維持が安全で安心だと本能的にわかっています。

けれど、人体の警告に対する適切な対処として
生活を見直してみませんか。

口に入るもの
肌から吸収されるもの
それらひとつひとつがあなたを形成しています。

もっと言うなら、
あなた自身とも言えるでしょう。

あなたが身につけるもの、選んだもの、口にするもの…
それらはあなたの分身です。

 

●バランスを整える

アトピーは身体のインとアウトのバランスが崩れたので、それを整えるための身体の反応だ、と書きました。

では、アトピーの苦しみから解放されるにはどうしたらいいでしょうか。

身体まかせにしていたら、アトピーの苦しみはずっと続きます。

ステロイドに頼っても、瞬間的に表面のかゆみはおさまりますが、かゆみの大元は残っています。

ステロイドを使わず、その他は今のまま現状維持だと何も変わりません。

身体まかせでにするのではなく、意識的にインとアウトのバランスを整えることが大切です。

そうすることで、アトピーを内側から良くしていけるのです。

具体的にどんな事ができるのでしょう。

 

●腸活しませんか

 

腸活とは何か?

 

腸活とは、「いきいきと元気な腸を取り戻そう」という活動です。

 

巷で流行りの恋活や婚活。

そんな言葉にあやかって、「腸活」と名づけてみました。

 

目標はシンプル。

「長くて硬いバナナのような形のウンチをすること」です。

 

・便秘や下痢ぎみ

・血行が悪く冷え性

・汗をかかない

アトピーの人の3つの特徴です。

あなたは当てはまりますか?

 

そもそもの身体機能が弱いことにも

アトピーの原因の1つです。

 

健康で身体機能が正常に活動している一つの指標。

それが、バナナのようなウンチなのです。

 

ぼくと一緒にバナナウンチを目指して

腸がイキイキと活動できるようにしましょう。

 

 

●アトピーはあなたが健康と幸せを手に入れるために起きている⁉︎

 

アトピーは健康になるためのきっかけを教えてくれている、とぼくは思います。

かゆくてどうしようもない時は、そんなこと考えたことも無かったですが。

 

食べるもの
肌に触れるもの
睡眠
メンタルヘルス

 

ライフスタイル全般を変えることが、あなたをアトピーから解放します。

 

視点を変えると、アトピーはあなたの人生を幸せにする道しるべを

示しているかもしれません。

 

ぼくは、アトピーで無かったら今よりも無頓着な生活をしていたでしょう。

 

ジャンクフードをこよなく愛し、添加物や防腐剤など気にすることなく、ガンガン摂取していたでしょう。

 

界面活性剤が入った市販の日用品を毒物だと知らずに当たり前のように使い、

 

朝までゲームして夜更かし昼夜逆転した不規則な生活をしたり、

 

それらが健康に悪いとは思っても、ここまで意識しなかったはず。

 

子供の頃からアトピーという身体にビハインドをかかえたことで、早い段階から健康の大切さを学べました。

 

もしアトピーで無かったら、大人になって病気や怪我をして始めて健康の大切さに気づいたかもしれない。

 

その時には、深刻な状態で手遅れとなっているかもしれない。

 

モノは捉えようです。

 

だから、アトピーだったことをぼくはいま感謝できるようになりました。

 

以前はそんなこと1ミリも思わなかったし、
生まれ変わっても、アトピーになりたいとは思わないですけど(笑)

 

あなたはどんな未来を手にしたいですか。